100年住み続けたいまち・仙台を実現します

菅原ひろのり
菅原ひろのりからメッセージ

私は仙台で学び、25歳で起業してから、事業に取り組み、様々なボランティア活動も重ねて参りました。そうした暮らしの中で、私を育んでくれたまち仙台に対する誇りと愛情は、もはや揺るぎのないものとなっています。

私はこうした人生の中で、いつしかこのまち仙台に一つの理想像を心に描いてきました。それは、人々がこのまちに生まれて良かった、このまちで学んで良かった、このまちで働いていて良かったと、皆さんが安心して生涯を過ごしていけるまち、いわば、「100年住み続けたいまち仙台」です。

私はそれを自ら実現し、その市民の一人でありたいと強く思い、この度意思を固めました。この実現のためには、市民が誇りを持てるまちづくりと、住み続けるための安心の施策、競争力の高い力強い経済、未来への成長性などを高め、少子高齢・人口減少社会に果敢に挑戦していくことが不可欠であると考えます。

そして申し上げるまでもなく東日本大震災の復興事業は見通しがついたとはいえ、被災者の方々への寄り添う支援は重要課題です。ここまで震災後の仙台の舵をとった奥山市長へ敬意を表します。

私は、これまでの経済人としての経験を最大限に生かしながら、これらを実現していく気構えと、自信を誰よりも強く持っていると自負しています。

折しも、伊達政宗公生誕450年という歴史の大きな節目にあたる本年は、先の震災からの復興の先を見据えた未来志向のまちづくりを始めるのにまたとない時ではないでしょうか。

今こそ、市民、地域、経済、教育、NPOなど、すべての「仙台人」の力を結集し、新たなる仙台の都市力、経済力を創出し、より力強く、より住みやすい仙台、すなわち「ずっと仙台」に向けてスタートしようではありませんか。

〜100年住み続けたいまち・仙台を実現します〜

経済  〜力強い経済の実現〜

力強い経済の実現
  • ■ 支店経済からの脱却を目指し、起業、事業承継、事業規模拡大を支援します。
  • ■ 海外や首都圏からの本社機能、研究機関を誘致。高度な人材を誘致、確保、育成します。
  • ■ 様々な規制緩和に挑戦し、地元企業の活性化をお手伝いします。
  • ■ 定禅寺通り~青葉通りに新たなにぎわいをつくり、文化の香るまちづくりを創造します。
  • ■ 南北、東西の地下鉄沿線のにぎわいのあるまちづくりを創出します。

文化、歴史、自然  〜文化の香るまち「仙台」〜

文化の香るまち「仙台」
  • ■ 大手門の復元を目指すとともに、青葉山を再整備、市民が誇りを持てる空間を創造します。
  • ■ 東北の観光連携の強化のため、仙台発の新しいルートを開発し浸透をはかります。
  • ■ プロスポーツと観光のマッチングを強化し、インバウンド拡大を図ります。
  • ■ 文化の香る都市仙台の新しい核として音楽ホールの早期着工を目指します。

地域・くらし

地域・くらし
  • ■ 地域の方々のニーズに合わせた、「地域の足」プロジェクトを発足します。
  • ■ 新しい農業スタイルを調査・研究し、高機能な都市型農業を目指します。
  • ■ 仙台ブランドの発信強化のため、中央卸売市場の再整備へ向けて調査を開始します。
  • ■ 高齢者支援強化のため、地域包括支援センターをモデルチェンジします。
  • ■ ゴミダイエットの理念をさらに広め、持続可能なまちづくりを推進します。

こども  〜誰も取り残さない教育の実現〜

誰も取り残さない教育の実現
  • ■ より目の届きやすい安心の教育現場づくりのため、少人数学級を導入します。
  • ■ 確かな学力づくりのための教育環境整備を実施します。
  • ■ いじめ、不登校、教育の諸問題を様々な角度から見直すため、「仙台っ子育成プロジェクト会議」を創設します。
  • ■ 「新米パパ・ママ応援会議」を創設し、子育て世代の真のニーズをつかみ施策に反映します。
  • ■ 保育施設の充実を目指すとともに、保育士を目指す学生への支援を拡充します。
  • ■ 仙台市オリジナルのこども育成手当を創設し、第2子以降を手厚く支援、少子化対策の充実をはかります。

行政  〜仙台市民を守ることが私達の仕事です〜

仙台市民を守ることが私達の仕事です
  • ■ 経営感覚を生かし、コスト、サービス、スピード意識の向上を図ります。
  • ■ 防災拠点として多機能型最新鋭の庁舎づくりの検討に着手します。
  • ■ 力強い地域社会づくりのために区役所の機能を強化します。
  • ■ 奥山市長が推進した市民協働をさらに進め、市民結集の総合力で、問題解決やプロジェクトの推進にあたります。

連絡先

菅原ひろのり後援会

〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目1-3

E-mail
info@sugawara-hironori.jp
TEL
022-211-7377
FAX
022-211-7378
菅原ひろのり後援会までの地図

菅原ひろのりと、仙台の未来を考える会の活動に、ぜひご協力ください。